お気に入りに登録

【連載】あなたのリーダーシップ発揮法

自分へのリーダーシップとメンバーシップ力の高め方

執筆 土肥 加津子(どひ かずこ)

医療法人社団慈恵会 新須磨病院 看護部長


目次

※「OK行動」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


自分へのリーダーシップ

ケース紹介 看護師12年目の私。病棟を6年、集中治療室に6年勤務しています。今の部署は同僚と仲もよく、働きがいを感じています。ところが突然・・・・・・。

NG行動

上司「Eさん、お話があるの、後で少しお時間いいですか?」
「えっ、あっ、はい(何だろう、何を言われるんだろう・・・・・・不安だな)」
上司「来月から、手術室に異動してもらうことになりました。この集中治療室で培った力を、手術室でも活かして頑張ってもらえると心強いです。」
「えっ!? 手術室ですか?(その後、沈黙)」
上司「ええ、Eさんは難しい患者さんの術後ケアも看てきて、素晴らしい看護をしてくれたでしょう。その経験は、術前訪問や術後訪問にも大いに活かせると思うわ」
「もう少し集中治療室で働きたいです。まだ看ることができていない疾患や治療もありますし、仲間とも離れたくないです。どうして私なんですか。ほかにも、もっと・・・・・・私、辞めさせられるんですか?」
上司「えっ?辞めさせる?逆、逆ですよ。患者さんからも同僚からも医師からも信頼されているEさんだから、看護師としてもっと力をつけてもらえるだけでなく、同僚や後輩の指導・教育も期待されて異動になるのよ。Eさんがいなくなるのは大きな痛手だけど、私の部署のスタッフがそんなふうに認められて、誇らしいと思っているの」
「・・・・・・」
上司「・・・・・・」
「わかりました。断れないですもんね。つらいですけど、お受けします。ありがとうございました」
上司「不安なことがあったら、いつでも言ってね。1人で抱え込まないで一緒に考えましょう(納得していない様子ね、大丈夫かしら・・・・・・)」

OK行動

>> 続きを読む
ページトップへ