お気に入りに登録

【連載】ワンポイントEナースーS-QUE研究会

【動画で学ぶ】ME機器を極める|モニタリング

解説 梶原吉春

東大和病院臨床工学技士

モニタリングは各センサーを患者様に装着することで、患者様の生体情報を継続的に観察・評価することができます。

一般的にモニタリングされる項目は、心電図、脈拍、呼吸数、酸素飽和度などであり、ケアユニットでは一般的項目に加え観血血圧、非観血血圧、中心静脈圧、肺動脈圧、心拍出量、体温、呼気炭酸ガス分圧などがあります。安易にモニタリングを行い、基本的な操作の確認やアラーム設定を省いてしまうと重要な患者情報を得ることができません。

今回はモニタリングの必要性と注意点を学びます。

動画は15分程度です。

PDF
クリックして拡大

次回の動画は2019年8月22日、テーマは「ME機器を極める|心電図」です。

ページトップへ