お気に入りに登録

【連載】ワンポイントEナースーS-QUE研究会

【動画で学ぶ】ME機器を極める|パルスオキシメーター

解説 梶原吉春

東大和病院臨床工学技士

 パルスオキシメータは手指、足指、耳朶、額、鼻などにセンサーを貼り付けることで、動脈血酸素飽和度をリアルタイムに連続的にモニタリングできる装置です。
 
 原理は2種類の光を出す発光部と光を受け取る受光部があり、2種類の光は酸素を取り込んでいない血液と酸素を取り込んでいる血液の透過度を計測しています。よってパルスオキシメータを用いて正確に測定するためには、安定して光が透過していることと拍動が認識できることが重要です。パルスオキシメータの装着時のポイントとセンサーの特徴を学びましょう。

動画は8分程度です。

PDF
クリックして拡大

次回の動画は2019年9月5日、テーマは「持続皮下注射による苦痛緩和」です。

ページトップへ