お気に入りに登録

【連載】語りと言語化で発見! あなたの看護観

聖マリアンナ医科大学病院の取り組み|人材育成・キャリア支援の実際


目次

※「看護の価値の体系化を図る」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


“学習する組織”をめざす

法人・看護部理念のもと質の高い看護を提供

 聖マリアンナ医科大学病院(以下、当院)の看護部理念は、「コア」と「ケア」そして「キュア」の3つが柱となっています。
 
 看護師が患者の人格を尊重し、個別なニードに対応することで、患者がもつ潜在能力を引き出し、患者自身が自己の置かれている状況を理解して、それに立ち向かえるようにする「コア」、身体への直接的ケアという相互作用を通して、患者および家族、医療者の<成長・治癒・学習>の機会とする「ケア」、そして、治療を通して患者と家族を支援する「キュア」です。
 
 法人理念である生命の尊厳(いのち)を中心に据え、この3つの柱に基づいて、最終的には「良質な医療」を提供することで、患者・家族の「健康回復の促進」をめざすものです(図1)。
 
図1:『コア・キュア・ケア・いのち』のモデル
図1:『コア・キュア・ケア・いのち』のモデル

 この「コア・ケア・キュアによる専門的かかわり」は、1960年代から70年代に活躍した、アメリカの理論家リディア・ホールの理論をもとにしています。私たちは、患者満足・スタッフ満足・学習と研究・健全経営をめざし、人的資源・サービス提供・キャリア開発によるネットワーク形成を行い、スタッフを支え、専門職として質の高いケアの提供を促進する実践共同体*です。
 

看護の価値の体系化を図る

>> 続きを読む
ページトップへ