お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[介護] 17年度介護給付費、2.3%増の9兆4,443億円 厚労省

 利用者負担分を除いた2017年度の介護給付費は、前年度よりも約2,154億円多い約9兆4,443億円に達したことが厚生労働省の「介護保険事業状況報告(年報)」で分かった。利用者負担を合わせると、2000年の制度創設以降初めて10兆円を超えた。要介護・要支援認定を受けた人は約641万人(18年3月末時点)で前年度から9万人ほど増えたが、サービス受給者数(1カ月平均)は約553万人で初めて減少した。
>> 続きを読む

ページトップへ