お気に入りに登録

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[診療報酬] 入院医療等分科会が検討状況を報告 中医協・総会

 中央社会保険医療協議会の診療報酬基本問題小委員会と総会は28日、診療報酬調査専門組織の入院医療等の調査・評価分科会から、2020年度診療報酬改定に向けた、これまでの検討状況について報告を受けた。委員からは、急性期一般入院基本料の「重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)」の該当患者割合が病床規模や入院料によってばらついている要因や、療養病棟入院基本料の経過措置1届出病棟の3割強が今後も現状維持の意向である理由などについて、さらに分析を行うよう注文がついた。
>> 続きを読む

ページトップへ