お気に入りに登録

【連載】HealthDay News

認知症予防には「良好な睡眠」を含めた複合的な対策が必要――新オレンジプランのデータを解析

 健康な日本人を1年半追跡した研究から、気持ちの持ち方(気分)や睡眠習慣が認知機能の変化と関連しており、認知症予防には多因子に対する複合的な対策が必要であることがわかった。国立精神・神経医療研究センター脳病態統合イメージングセンターの松田博史氏らの研究グループが報告した。研究の詳細は「Alzheimer's & Dementia(New York)」8月2日オンライン版に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ