お気に入りに登録

【連載】プレスリリース

アッヴィ、「乾癬患者さんの『夢』を叶えるプロジェクト」を始動

提供 PR TIMES

乾癬患者さんの「夢」ツイートから生まれた応援ソング「晴れゆく道」のダンスコンテストを開始

●10月29日の世界乾癬デーより、乾癬患者さんへのメッセージと「晴れゆく道」のダンス動画の募集を開始
●コンテストへの応募数や動画へのアクセス数などに応じて、乾癬患者さんの夢の実現をアッヴィがサポート

アッヴィ合同会社(以下、アッヴィ、本社:東京都港区、社長 : ジェームス・フェリシアーノ)は、2019年10月29日の世界乾癬デーより、「乾癬患者さんの『夢』を叶えるプロジェクト」を始動します。本プロジェクトは、乾癬の啓発を目的に、社会全体で乾癬患者さんを応援するダンスコンテストと、乾癬患者さんの「夢」を叶えるサポートをする取り組みです。

ダンスコンテストでは、乾癬患者さんへのメッセージと「晴れゆく道」のダンス動画を募集します。応募動画は本プロジェクトのウェブサイトにて順次公開され、審査員が乾癬についてのメッセージ性、動画作品の影響力やオリジナリティなどの観点から優秀作品を選出します。ダンスコンテスト終了後は、乾癬患者さんを対象に「叶えたい夢」を募集し、アッヴィが、応募動画数や動画の再生回数に応じて、乾癬患者さんの「夢」を叶えるサポートをします。乾癬患者さんが「夢」を叶える瞬間をまとめた動画は、2021年の世界乾癬デーに、同ウェブサイトおよびアッヴィのYouTubeアカウントにて公開予定です。

「晴れゆく道」は、アッヴィが、一般社団法人 INSPIRE JAPAN WPD乾癬啓発普及協会(所在:東京都杉並区、代表理事:奥瀬正紀)の協力のもと、2018年に行われた「乾癬患者さん応援ソング制作プロジェクト」を通じて制作されました。全国の乾癬患者さんから寄せられた計84件の「夢ツイート(乾癬により忘れかけていた夢)」を基に、乾癬患者さんで、音楽クリエイターのヒャダイン(前山田 健一)氏が、作詞作曲しました。

アッヴィは、今後も自己免疫疾患に取り組むバイオ医薬品企業として、乾癬患者さんをサポートする活動を行って参ります。

コンテスト概要

■応募期間
2019年10月29日(火)~2020年4月29日(水)

■参加資格
・ 乾癬患者さんの夢を応援したい方であれば、どなたでもご応募可能です。

ただし、コンテスト応募にあたってはYouTubeアカウントが必要となります。
※未成年者が応募する場合は、保護者の同意を得たうえで保護者のアカウントをご使用ください。

■応募方法
下記のいずれかの方法でご応募ください。
① 特設ウェブサイトの応募フォームからの応募
以下の特設ウェブページからご応募ください。
「乾癬患者さんの『夢』を叶えるプロジェクト」特設ページ
https://kansen-tweet.com/dancecontest

②メールでの応募
癬患者さんへの応援メッセージとYouTube動画のURLを必須事項(応募者のお名前/団体名、ニックネーム、性別、年齢、ご住所、電話番号、メールアドレス、Twitter投稿のURL(投稿者に限る))とともにkansen_dream@storieson.co.jp にお送りください。ウェブサイト記載の「個人情報の取り扱い」も併せてご覧ください。

※ご応募いただいた動画の取り扱いについてはウェブサイトの「応募作品の展示について」も併せてご覧ください。もし氏名やニックネームの公開を希望されず、かつメールでご応募いただく場合は、「匿名希望」の旨、メール本文中に明記をお願いします。

■審査方法
ダンスコンテストの審査員による審査を行います。審査内容に関する質問にはお答えいたしかねます。ご了承ください。
厳正な審査のうえ、作品を選出し、選出された方のみメールまたはお電話にてご連絡いたします。

■審査員
音楽クリエイター ヒャダイン氏
患者さん 代表者
医療従事者 代表者

■入賞者発表
2020年10月(特設ウェブサイトにて公開いたします。)

プロジェクトの詳細についてはウェブサイトをご参照ください。
https://kansen-tweet.com/dancecontest

■一般の方からのお問い合わせ先
乾癬患者さんの夢ツイートプロジェクト 事務局(株式会社ストーリーズ・オン・ヘルスケア内)
Email: info_kansentweet@storieson.co.jp

乾癬について

乾癬は、慢性の炎症性皮膚疾患で、国内に約43万人の患者さんがいると報告されています1。乾癬の皮疹では皮膚に炎症が起きて赤くなり、皮膚の新陳代謝が異常になることで盛り上がり、表面に銀白色の鱗屑(りんせつ)が現れ、それがフケのようにはがれ落ちるようになります。頭皮や爪など人目に付く部分に症状が現れやすいため、日常生活や社会生活に大きな影響を及ぼすことが知られています。さらに、疾患認知が低いため、またその疾患名から感染症と誤解され、偏見に悩む患者さんも少なくなくありません。WHOの「世界乾癬レポート2016」でも、そうした患者さんをとりまく社会的な環境を改善させるためには、乾癬の疾患認知を高めることが急務であることが報告されています2。

アッヴィについて

アッヴィは、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業です。世界で最も複雑かつ深刻な疾患に対する、革新的な先進治療薬の開発を行っています。その専門知識、献身的な社員、イノベーション実現に向けた独自の手法を通じて、免疫疾患、がん、ウイルスおよび神経疾患の4つの主要治療領域での治療を大きく向上させることをミッションに掲げています。世界中の人々が持つ健康上の課題への解決策を進歩させるため、75カ国以上の国でアッヴィ社員が日々取り組んでいます。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。Twitterアカウント@abbvie、Facebook、LinkedInやInstagramでも情報を公開しています。

日本においては、1,000人を超える社員が、医療用医薬品の開発、輸入、製造販売に従事しています。自己免疫疾患、新生児、肝疾患、神経疾患、がんの各領域を中心に、患者さんの生活に大きく貢献できることを願っています。詳しくは、www.abbvie.co.jpをご覧ください。

1)Kubota, K., et al.: BMJ. Open., 5:1, 2015
2)日本乾癬患者連合会、「世界乾癬レポート2016」、2016

ページトップへ