【連載】プレスリリース

200人に調査!更年期障害で最も深刻な症状・効果のある対策とは?

提供 PR TIMES

プレスリリース・ニュースリリース配信サービス。[https://prtimes.jp/](https://prtimes.jp/)

サプリポートを運営する株式会社スタルジーは、更年期障害の女性または更年期障害の経験がある女性を対象に、更年期障害の症状や対策、相手などに関するアンケートを実施しました。特に深刻な症状や効果のあった対策については記述式設問に回答していただくことで、更年期障害の現実について理解が深まる調査結果となりました。
【本アンケートの目的】
中年女性の大きな悩みとなるのが、更年期障害です。元々、更年期とは閉経前後の10年間を指し、更年期障害に関しては50歳前後に自覚、発症する方が多いと言われています。軽いイライラやほてりに止まらず、極度の無気力感や不眠症状によって日常生活に深刻な影響をもたらすことも少なくありません。そこでサプリポートを運営する株式会社スタルジーは、更年期障害の症状や対策についての実体験を明らかにするため、更年期障害の女性または更年期障害の経験がある女性にアンケートを実施いたしました。

【調査概要】

調査時期:2019年10月
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
本アンケート対象者:更年期障害の女性または更年期障害の経験がある女性

【更年期障害に関するアンケート 質問項目】

更年期障害を自覚した年齢を教えてください
更年期障害の症状として当てはまるものを全て選んでください
「その他」の症状を具体的に教えてください
更年期障害で最も深刻な症状として当てはまるものを一つ選んでください
更年期障害で最も深刻な症状とその悩みについて具体的に教えてください
更年期障害について相談した相手を教えてください
更年期障害への対策として行ったものを全て選んでください
実際に効果のあった更年期障害への対策や取り組みを具体的に教えてください
摂取したサプリメントのメーカー・商品名を教えてください
サプリメントの効果を実感したか教えてください

【アンケート全体回答者属性(有効回答数:200)】

女性:200名

【更年期障害に関するアンケート 回答結果】

更年期障害を自覚した年齢(有効回答数:199)
・更年期障害を自覚した平均年齢は、44歳となった
・30代から50代まで幅広い年代の方が更年期障害を自覚していることが分かる

更年期障害の症状(有効回答数:200)
・更年期の症状として特に多いのは、「イライラ」「倦怠感・無力感」「ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)」となった
・症状は多種多様であり、かつ複数の症状に悩んでいる方が多い

更年期障害で最も深刻な症状(有効回答数:200)
・トップ3は前の質問の回答と同じ結果だが、最も多いのは「倦怠感、無気力感」となっている
・「倦怠感、無気力感」を抱えている方の場合、家事や仕事への影響が深刻となっている

更年期障害について相談した相手(有効回答数:200)
・身内よりも「友人」という回答が多くなっていることから、同性かつ同世代で同じ悩みを抱えた人への相談がしやすいと推測される
・約4人に1人が誰にも相談できていないということは特筆すべきでしょう

更年期障害への対策(有効回答数:200)
・何らかの対策をしている人のうち半数近くが医療機関への受診を行っており、サプリメントの利用者は約5人に1人となっている
・更年期障害を自覚していても約5人に1人は特に対策をしていない

最も効果があった更年期障害対策(有効回答数:161)
・最も効果があった対策のトップ3は「睡眠・休息」「運動・スポーツ」「サプリメント」となった
・実施したどの対策も効果はなかった方が6%いることにも留意したい

サプリメントの実感(有効回答数:45)
・更年期障害対策にサプリメントを利用している方のうち82%が飲んでいる実感を得ていた
・特に利用者が多いサプリメントは、「小林製薬 命の母」(21人)、「大塚製薬 エクエル」(7人)となった

アンケートの詳細を知りたい方、「実際に効果のあった更年期障害への対策や取り組み」等の記述回答を確認・引用したい方は以下の記事をご覧ください。

なお、アンケート結果を引用する場合は以下の記事へのリンクを張ってください。

■アンケート結果詳細
https://stalgie.co.jp/suppleport/climacteric-disorder-survey/

■サプリポート
https://stalgie.co.jp/suppleport/

■株式会社スタルジー コーポレートサイト
https://stalgie.co.jp

ページトップへ