お気に入りに登録

【連載】HealthDay News

疾患によって地域ごとに異なる医療需給バランス予測――医療計画の新たな視点

 患者数と医師数の変化を地域・疾患別に予測した研究から、今後、医師数の地域格差は縮小に向かうものの、疾患によっては不均衡な状態があまり改善されない可能性が示された。北海道大学大学院保健科学研究院社会医療情報学研究室の小笠原克彦氏、医療経済研究機構の石川智基氏らによる研究で、詳細は「BioMed Central Health Services Research」9月9日オンライン版に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ