お気に入りに登録

【連載】HealthDay News

一部の患者で痛風薬使用により重篤な皮膚反応のリスク増

 心疾患または腎疾患のある一部の痛風患者では、痛風治療薬のアロプリノールを使用すると、重篤な皮膚反応が起こりやすい可能性があるとする研究結果が報告された。研究を行った米マサチューセッツ総合病院リウマチ・アレルギー・免疫学部門のHyon Choi氏は、「研究結果は、心疾患が慢性腎臓病と同様、アロプリノール関連の重篤な皮膚有害反応のリスク因子となることを示唆するものであり、予防策を講じる必要がある」と述べている。研究の詳細は、「CMAJ」9月30日号に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ