[診療報酬] 看護必要度IIの対象外で入院実施率の高い手術を特定 厚労省

 厚生労働省は、16日に開かれた中央社会保険医療協議会の「入院医療等の調査・評価分科会」で、「重症度、医療・看護必要度」(看護必要度)IIの評価対象外の手術のうち、入院での実施率が100%、かつ年間1,000件以上の手術が計33種類あるとする分析結果を示した。 >> 続きを読む

ページトップへ