お気に入りに登録

【連載】スケール・評価基準を使いこなそう!

アプガースコア(アプガー指数)

執筆 成田亜希子

医師

1.このスケールは何を判断するもの?

 アプガースコアは、出生直後の新生児の状態を評価し、新生児仮死の有無を判断するためのスケールです。新生児仮死は出生時に呼吸循環不全を呈する症候群ですが、気道確保や保温などの適切な管理が行われないと、新生児の生命予後や神経発達障害などが発現することもあります。新生児仮死の徴候を速やかに捉えられるよう、アプガースコアは全国的に広く用いられています。

 アプガースコアには、「皮膚の色」・「心拍数」・「反応性(啼泣)」・「活動性(筋緊張)」・「呼吸」の5つの評価項目があります。そして、それぞれ0~2点の3段階に点数をつけ、その合計が10~7点を正常、6~4点を軽症仮死(第1度仮死)、3~0点を重症仮死(第2度仮死)とします。

 アプガースコアは新生児の状態を把握するためだけでなく、その後の治療や管理の方針を決定する上でも重要な指標となります。例えば、分娩時の低酸素脳症に対する低体温療法はアプガースコアの点数によって適応が判断されています1)

アプガースコア・アプガー指数
反応性(啼泣)は鼻腔カテーテルや触覚刺激を行い、その反応を観察します。

2.スケールはこう使う!

 通常、アプガースコアによる評価は、出生した1分後に1回目、5分後に2回目を行います。この5分後の点数が7点未満の場合は7点以上に回復するまで、以降も5分ごとに20分後まで繰り返し評価を実施します。仮に1分後の点数が低い場合でも、蘇生処置を行い5分後の点数が正常になれば特に問題となることはありません。しかし、統計からは、出生後5分後のアプガースコアが新生児の神経障害などの長期的な予後と相関することがわかっています2)。このため、5分後の点数でも6点以下の場合にはNICUなどでの厳重な管理を検討する必要があります。
 
 ただし、新生児仮死はできるだけ速やかな処置を必要とします。出生直後に自発呼吸がなく心拍が微弱な場合には、アプガースコアによる評価よりも速やかに気管挿管などの蘇生を優先して行うことを忘れてはなりません。

3.スケールの結果を看護にこう活かす!

 新生児出生の場では、アプガースコアによる適切な評価を実施するのはもちろんのこと、できるだけ早くそれぞれの新生児に適した処置が行えるように介助できる体制を調えることが大切です。アプガースコアや新生児の状態に応じた処置をよく覚え、必要な器具などは速やかに準備できるよう日頃からトレーニングしておきましょう。

 また、新生児の予後はアプガースコアの点数と相関するため、点数の低かった新生児はさまざまなリスクがあることを念頭に新生児管理にあたれるように心がけましょう。

引用・参考文献

1)厚生労働省科学研究費助成金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)重症新生児のアウトカム改善に関する多施設共同研究,Consensus 2010に基づく新しい日本版新生児蘇生法ガイドラインの確立・普及とその効果の評価に関する研究(2019年10月18日閲覧)https://www.babycooling.jp/data/lowbody/pdf/lowbody01.pdf
2)正期産重症仮死児の予後とその周産期要因(2019年10月18日閲覧)
https://www.niph.go.jp/wadai/mhlw/1993/h050127.pdf

●一般社団法人 日本蘇生協議会:JRC蘇生ガイドライン2015第4章(新生児の蘇生)抜粋版.(2019年10月18日閲覧)https://www.ncpr.jp/guidelineupdate/pdf/jrcguideline_2015.pdf
●公益社団法人日本産科婦人科学会 公益社団法人日本産婦人科医会:産婦人科診療ガイドライン産科編2017.(2019年10月18日閲覧)http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/glsanka2017.pdf

ページトップへ