お気に入りに登録

暗闇で目が慣れるメカニズムを解明 阪大研究チーム、関係分子を特定

提供 毎日新聞

毎日新聞社 医療・健康

 暗闇でも目が慣れると見えるようになるなどの「明暗順応」について、マウスを使ってメカニズムを解明したと、大阪大の研究チームが7日、欧州の分子生物学専門誌で発表した。明暗順応は生物にとって重要な機能だが、網膜の損傷や老化を招く一因にもなる。明暗順応を制御し、網膜を保護できる薬剤の開発を可能にする研究成果だ。

>> 続きを読む
ページトップへ