お気に入りに登録

【連載】HealthDay News

寝室の明るさが動脈硬化の進行と関連――睡眠中は暗い方が良い?

 夜間の寝室の照明が明るいほど動脈硬化が進行する可能性が報告された。肥満や糖尿病などの既知の動脈硬化危険因子の影響を調整しても、なお有意な関連が認められるという。奈良県立医科大学疫学・予防医学講座の大林賢史氏らの研究によるもので、詳細は「Environment International」10月21日オンライン版に掲載された。
>> 続きを読む

ページトップへ