お気に入りに登録

「細胞スプレー」で心不全の再生治療 大阪大が発表

提供 毎日新聞

毎日新聞社 医療・健康

 重症心不全患者の治療法として、心筋細胞などに変化する幹細胞を心臓に噴霧する「細胞スプレー法」を開発したと、大阪大が29日、発表した。保険適用を目指し、安全性や有効性を確認する治験(臨床試験)を2021年10月までの計画で始めた。

>> 続きを読む
ページトップへ