お気に入りに登録

 近い将来、血液検査を受ければ、老化の進み具合を判定できるようになるかもしれない――。そんな研究結果を、米スタンフォード大学アルツハイマー病研究センターの共同ディレクターを務めるTony Wyss-Coray氏らが「Nature Medicine」12月号に発表した。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ