【連載】プレスリリース

「令和2年度診療報酬改定と地域医療構想」セミナーを開催!!

提供 PR TIMES

プレスリリース・ニュースリリース配信サービス。[https://prtimes.jp/](https://prtimes.jp/)


 

「令和2年度診療報酬改定と地域医療構想」と題して、東京医科歯科大学大学院 伏見 清秀教授、国際医療福祉大学 石川 ベンジャミン 光一教授によるセミナーを開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2020年1月20日(月)にアーバンネット神田カンファレンス(東京都千代田区)にて下記セミナーを開催します。

令和2年度診療報酬改定と地域医療構想
~DPC制度の行方・医療データの活用について~

【セミナー詳細】
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20055.html

【開催日時】
2020年 1月20日(月) 午後2時~午後5時

【会場】
アーバンネット神田カンファレンス
東京都千代田区内神田3-6-2 アーバンネット神田ビル

【講師】
東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部長
伏見 清秀 氏

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科
同 大学院 医学研究科 教授
石川 ベンジャミン 光一 氏

【重点講義内容】
Ⅰ. 令和2年度診療報酬改定とDPC制度の方向性及び医療データの活用方策
【14:00~15:20】

東京医科歯科大学大学院 医療政策情報学分野 教授
同医学部附属病院 クオリティ・マネジメント・センター長
国立病院機構本部 総合研究センター 診療情報分析部長
伏見 清秀 氏

令和2年度の診療報酬改定は、地域医療構想の推進、医師確保、働き方改革の
三位一体改革に向けたものとなる。
さらには、医療の質確保のための共通指標の導入が目指されている。
本演では、DPC制度の方向性や医療データを活用した医療の質評価、病院機能評価、
地域医療構想のあり方を示したい。

1.DPCデータなどを活用した医療の質評価と安全確保の手法
2.医療データアナリスト養成と病院におけるPDCAの活用
3.地域医療構想の現状と方向性
4.病床機能報告から見えてくる地域における医療機能分化の方向性
5.質疑応答

Ⅱ. 地域医療構想の実現に向けた更なる取り組みで病院が検討すべきこと
【15:30~17:00】

国際医療福祉大学 赤坂心理・医療福祉マネジメント学部 医療マネジメント学科
同 大学院 医学研究科 教授
石川 ベンジャミン 光一 氏

地域医療構想の実現に向けた更なる取り組みとして、公立・公的医療機関の再編統合に
ついての再検証を求めるリストが2019年9月に厚生労働省より公開されている。
第7次医療計画が折り返し点を迎える中で、今後病院が検討すべき課題について
データに基づいて解説する。

1.地域医療構想の実現に向けたこれまでの取り組み
2.公立・公的医療機関の再編統合についての再検証リストとは
3.DPC/病床機能報告データに基づく検討
4.三位一体改革を含めた長期的な検討の視座
5.質疑応答

ページトップへ