お気に入りに登録

【連載】HealthDay News

乳児の突然死のリスクは日齢によって異なる?

 乳幼児突然死症候群(SIDS)などの予期せぬ乳幼児突然死(SUID)を解明する上で、SUIDが発生したときの乳児の年齢が手掛かりになる可能性があることが、米シアトル小児研究所のTatiana Anderson氏らが実施した研究で示された。この研究では、SUIDで死亡した乳児は、生後1週間以内に死亡した児と生後1週間以降に死亡した児の2つのグループに分けられることが明らかになったという。詳細は「Pediatrics」12月9日オンライン版に発表された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ