お気に入りに登録

【連載】HealthDay News

自治体の介護予防事業とフレイルの関係――100人に1回の介入がリスク1割減に相当

 介護予防事業の実施回数が多い自治体に住む高齢者は、要介護予備群のフレイルになるリスクが低いことが明らかになった。東京大学大学院医学系研究科客員研究員の佐藤豪竜氏らの研究によるもので、詳細は「Social Science & Medicine」11月30日オンライン版に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ