[診療報酬] 急性期一般入院料1の患者割合、支払側が「35%以上」を主張

 中央社会保険医療協議会・総会が15日に開かれ、急性期一般入院料1に設定している急性期患者の受け入れ割合の基準(現在は30%以上)を、2020年度の診療報酬改定で35%以上に引き上げるよう支払側が主張した。 >> 続きを読む

ページトップへ