下肢末梢動脈疾患の再狭窄を抑制する、 「Lutonix® ドラッグコーティングバルーンカテーテル」販売開始 ~日本の医療現場のニーズに応える~

提供 株式会社メディコン

株式会社メディコン

BDのグループ会社である株式会社メディコン(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 阿知波達雄)は、末梢動脈疾患(PAD)による下肢動脈の再狭窄を抑制する薬剤塗布バルーンカテーテル「Lutonix®ドラッグコーティングバルーンカテーテル (大腿膝窩動脈用)」RXタイプ(以下、ルトニックス RX)を2020年2月より全国販売いたします。

下肢末梢動脈疾患は生活習慣病や加齢によって足の血管が細くなったり、血液の流れが悪くなる病気で、重症化すると足のしびれや痛みで歩行が困難になることもあります。また、下肢を切断しなくてはならないほど重症化するケースもあり、心筋梗塞や脳卒中にも繋がるなど命に関わる疾患です。

虚血性の下肢末梢動脈疾患では、バルーンカテーテルにより狭窄した血管を拡張したり、金属製ステントを血管内に留置する治療が行われてきましたが、バルーンのみによる治療では1年で約50%iが狭窄を再発するとされており、金属ステント治療では再狭窄は減少するものの、ステント自体が破損する可能性が指摘されていました。

この度、全国販売を開始するルトニックスRXは、狭窄した血管の病変部に配置したバルーンを拡張して血管壁に圧着させることで、バルーン表面にコーティングされた薬剤「パクリタキセル」が血管内腔表面に送達され、血管壁内に拡散する仕組みになっています(図1)。 また、パクリタキセルが血管の再狭窄を抑制します。

ルトニックスRX

本品は、欧州で実施されたLutonix® Global SFA Registryiiにおいて、実臨床における大腿膝窩動脈病変に対する治療1年後の再治療回避率94.1%、2年後の再治療回避率90.3%であることが示されました。

■日本の医療現場のニーズに応える

ルトニックス RXは患者さんと医療従事者の安全性に配慮した日本の医療現場のニーズに応えて生み出された製品です。バルーンは耐久性のあるコーティングにより、取扱中の薬剤剥離を制限し、患者さんや医療従事者への不要な薬剤暴露を低減します。また治療効果に必要十分な濃度の薬剤(2μg/mm)が塗布されており、薬剤の半減期が6~7時間と短いのが特徴です。

■日本国内標準仕様の径0.014インチのガイドワイヤーに対応

ルトニックス RXは、日本国内で標準的に使用されている径0.014インチのガイドワイヤに対応しています。対応ガイドワイヤ径は従来品に比べて約60%細く、これにより穿刺部の侵襲を低減するとともに、屈曲した病変部にカテーテルを通す操作性を向上しました。

Lutonix® RXドラッグコーティング バルーンカテーテルによる治療の流れ

1.できるだけ短い時間(約30秒)で標的部位までバルーンを進め、狭窄部の病変全体をカバーするように標的部位の中央にルトニックス RXを配置します。
2.ただちに適切な圧で拡張し、血管壁に完全圧着させます。
3.バルーンに塗布されたパクリタキセルが血管内腔表面から血管壁内に拡散します。

RXドラッグコーティング バルーンカテーテルによる治療の流れ

引用・参考文献
i Kenneth Rosenfield, M.D. Trial of a Paclitaxel-Coated Balloon for Femoropopliteal Artery Disease. N Engl J Med 2015;373:145-53.
ii Marcus Thieme, MD. The 24-Month Results of the Lutonix Global SFA Registry Worldwide Experience With Lutonix Drug-Coated Balloon. J Am Coll Cardiol Intv 2017;10:1682–90.


株式会社メディコンについて
株式会社メディコン(〒541-0046 大阪市中央区平野町2丁目5-8 平野町センチュリービル9F)は、1972年にC.R.Bard社の手術用、検査用、泌尿器科用ディスポーザブル製品を輸入販売する「日本メディコ」として設立。小林製薬との出資比率が同等となる「株式会社メディコン」を経て、2015年よりC.R.Bard社の100%子会社として、血管、泌尿器および外科領域における治療用医療機器の販売で事業を拡大してきました。
2017年12月、BDのC.R.Bard社買収に伴い、株式会社メディコンはBDグループの一員となりました。 主要製品:排尿ケア関連製品、エンドユロロジー関連製品、クリティカルケア関連製品、カテーテル固定関連製品、放射線治療関連製品、IVR関連製品、生検関連製品、ヘルニア手術関連製品、外科関連製品、PEG関連製品、静脈栄養・化学療法関連製品、透析関連製品

BDについて
BD(ベクトン・ディッキンソン アンド カンパニー)は、医療技術で世界をリードし、医療分野での新たな知見を求め、診断や治療の質を向上させることで、「明日の医療を、あらゆる人々に」提供することを目指しています。患者さんの治療や医療プロセスに関する革新的な技術やサービス、ソリューションを開発することによって医療の最前線で活躍する人々を支えています。 世界で65,000人におよぶBD社員は、次世代の診断・治療法の研究開発の現場で研究者をサポートし、臨床現場における医療従事者の安全性や医療効率を向上させ、医学研究者たちによる診断技術の研究を促進するよう日々努力をしています。BDは、世界のあらゆる国の医療機関とパートナーシップを組み、世界規模の最重要課題に取り組むとともに、顧客である医療機関と緊密に連携することで、医療効果の改善やコスト削減、効率化、安全性の向上、医療アクセスの促進に寄与しています。
2017年、BDはC.R. Bard社をグループに迎え入れ、同社製品をBD製品ラインアップに加えました。
BD, the BD Logo Bard and Lutonix are trademarks of Becton, Dickinson and Company or its affiliates. © 2020 BD. All rights reserved.

ページトップへ