【連載】【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け

納豆やみその摂取量と死亡率が逆相関――JPHC研究

 発酵性大豆食品を多く食べる人ほど死亡率が低いというデータが報告された。ただし、非発酵性の大豆食品も含めた解析では、関連が有意でないという。国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループの研究によるもので、詳細は「BMJ」1月29日オンライン版に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ