【連載】【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け

米でインフルエンザが猛威、死者1万人超

 世界中の関心は「新型コロナウイルス」に集まっているが、米国ではインフルエンザが猛威を振るっていることも忘れてはならない。米疾病対策センター(CDC)の発表によると、2019/20年のインフルエンザシーズン中、1月25日までに少なくとも1900万人がインフルエンザに罹り、このうち18万人が入院し、死亡者数は1万人を超えた。さらに、2月8日現在では、感染者数は2600万人となり、25万人が入院し、死亡者数は1万4,000人に上る(CDC発行の「Weekly U.S. Influenza Surveillance Report」より)。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ