お気に入りに登録

[労働衛生] 「パワーハラスメントを受けた」の考え方を例示 厚労省

 厚生労働省はこのほど、「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会」の会合で、業務による心理的負荷評価表の「具体的出来事」について、「上司とのトラブルがあった」「(ひどい)嫌がらせ、いじめ又は暴行を受けた」「パワーハラスメントを受けた」の3項目の考え方を例示した。 >> 続きを読む

ページトップへ