お気に入りに登録

【連載】循環器科で必要な看護技術を学ぼう!

心臓カテーテル検査の看護|手順・合併症ケア・観察項目

執筆 竹田悠人

公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院 ACU 副主任看護師

執筆 山形 泰士

公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院 CCU /呼吸療法認定士/NST専門療法士/集中ケア認定看護師

目次


心臓カテーテル検査とは

 直径1㎜程度の細く柔らかい管を、血管内から大動脈や心臓内に挿入して行う検査です。穿刺する場所は大腿の付け根、手首、腕、頸部などがあります。

心臓カテーテル検査の目的

 冠動脈の狭窄程度、弁膜症の逆流や心臓の動きの確認、心臓内圧の評価、心臓の組織採取などを行い、今後の治療方針を決定するために行います。

心臓カテーテル検査の適応

 心不全、弁膜症、先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症など)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)が疑われる患者さんが適応となります。

心臓カテーテル検査の種類

 検査内容は血行動態検査と心血管造影検査に分けられ、方法として、右心カテーテル検査と左心カテーテル検査があります。

右心カテーテル検査 左心カテーテル検査
血管動態検査 ●心内圧検査(下大静脈、上大静脈、右室圧、右房圧、肺動脈圧、肺動脈、肺動脈楔入圧)
●心拍出量測定
●各部位の血液ガス、酸素飽和度
●心内圧検査(大動脈圧、左室圧、左房圧)
●心拍出量の測定
心血管造影検査 ●肺動脈造影 ●冠動脈造影
●大動脈造影
●左室造影
●冠動脈バイパス造影
その他 ●生検
●電理生理検査
●生検
●電理生理検査

右心カテーテル検査

 右心カテーテル検査は静脈に穿刺を行い、右心系を評価する検査です。血行動態は上大静脈、下大静脈、右心房、右心室、肺静脈の心内圧、三尖弁、肺動脈弁の逆流の評価を行います。心血管造影では、肺静脈の狭窄程度を造影剤の使用により評価できます。

左心カテーテル検査

 左心カテーテル検査は動脈に穿刺を行い、左心系を評価する検査です。血行動態は大動脈、左心室、左心房の心内圧、僧帽弁、大動脈弁の逆流の評価を行います。心血管造影では冠動脈の狭窄、大動脈、左心室を造影剤の使用により評価できます。また、心臓の一部を採取し、心筋の組織の評価することも可能です。

心臓カテーテル検査の手順

必要物品の例

・マキシマルバリアプリコーション*1:滅菌ガウン、マスク、キャップ、滅菌手袋
・術野の確保:滅菌ドレープ
・消毒:消毒剤(ポピドンヨード液など)、滅菌綿球
・局所麻酔:注射器、23Gカテラン針、1%リドカイン注射液
・検査用:カテーテル(右心:スワンガンツカテーテル、左心:ピッグテールカテーテル)、シースイントロデューサー*2

*1 感染予防のため、キャップ、マスク、滅菌ガウン、滅菌手袋、大型滅菌全身用ドレープを用いて無菌操作で施行すること
*2 カテーテルなどデバイスの挿入・交換をしやすくするために、血管内に留置される管のこと。略して「シース」と呼ばれる

zu1

検査手順(入室~穿刺まで) ※ここでは冠動脈造影検査の手順を示します。

hyou

心臓カテーテル検査の合併症とケア

心臓カテーテル検査は侵襲を伴う検査のため、合併症のリスクがあります。

合併症 原因、特徴、注意点、対応のポイント
急性冠動脈閉塞 ●冠動脈解離、冠攣縮、血栓などが原因とされています。
冠動脈穿孔 ●血液が心膜腔に溜まると心タンポナーデをきたし、心原性ショックの状態となります。
●ほとんどは術中に発見・対処されますが、小さな穿孔は時に見逃され、術後数時間で血圧低下や胸部不快感が出現します。
●バイタルサインと症状の変化に注意します。急性冠動脈閉塞が疑われるにもかかわらず、心電図に明らかな異常がない場合は注意が必要です。
●バルーンによる低圧拡張を行い、止血が困難な場合は、カバードステントの留置、コイル塞栓術が実施されます。
穿刺部出血・血腫 ●高血圧、肥満、安静が保てない患者さんには注意が必要です。
●穿刺部痛や腫脹の増悪、ぬるっとした感触がある場合は、すぐに看護師に伝えるよう指導します。
●バイタルサイン、痛みや腫脹の大きさ、貧血の有無を観察し、医師に報告します。
後腹膜出血・血腫 ●穿刺部位の出血や血腫がみられないにもかかわらず、血圧低下や側腹部痛、腰痛が生じたときは後腹膜出血が疑われます。腹部CTやエコーで確認する必要があります。
●血圧が維持できない、貧血が進行するといった場合は、輸血や外科的処置が考慮されます。
塞栓症 ●動脈硬化の塊やカテーテルに形成された血栓が、カテーテル操作により他の動脈に飛んでいくことで起こります。
●脳動脈では脳梗塞、腹腔動脈や上腸間膜動脈では腸管壊死、腎動脈では腎梗塞、末梢下肢動脈では下肢動脈末梢塞栓となります。
●意識障害や四肢麻痺、構音障害(脳梗塞)、腹痛(腸管壊死や腎梗塞)、下肢痛や四肢の動脈拍動、チアノーゼ(下肢動脈末梢塞栓)の出現に注意します。
造影剤アレルギー ●術中に乾性咳嗽や掻痒感、発赤、呼吸困難感、SpO2低下などの症状がみられた場合は、造影剤アレルギーが疑われます。
●造影剤アレルギーが疑われた場合は、ステロイドの急速投与を行い、カテーテルを中止することがあります。
●遅発性のアレルギー症状が出現する可能性も考えられるため、術後も観察を継続します。

山形泰士:心臓カテーテル検査および治療.循環器ナーシング,2013;3(5):p.67.より一部改変

心臓カテーテル検査の看護(観察項目・注意点)

検査前

情報収集
 氏名、年齢、身長、体重、既往歴、アレルギーの有無、術前ステロイド内服の有無、心・腎機能、術前の補液指示の有無、CT・CAG所見、感染症の有無、血液型、検査・治療の有無、ADL、視力や聴力、コミュニケーション方法、皮膚の脆弱性、腰痛の有無、内服薬の有無(ビクアナイド系糖尿病薬)、アプローチ部位の確認をします。

オリエンテーションの実施
 患者さんが検査内容をイメージしやすいように、オリエンテーションはパンフレットや動画などを用いて行います。検査予定時刻、家族の来院時間と待機場所、検査前後の飲水・食事、内服内容、検査所要時間、検査中の様子、安静時間、排泄方法などを説明し、不安軽減に努めます。

迷走神経反射の予防
 迷走神経反射は、何らかの原因で副交感神経の1つである迷走神経が刺激され心拍数が低下し、末梢の血管の拡張により血圧が低下することで、脳に十分な血液が送れなくなり起こります。検査前の極度の緊張や穿刺の痛み、排尿や腰痛の我慢などが原因として挙げられます。そのため、事前の準備や術中の声かけなどで不安を軽減し、予防に努めます。

付属物の確認
 侵襲を伴う検査のため、気管内挿管や補助循環の使用、緊急手術の可能性もあります。MRIなどの検査を追加することもあるため、入れ歯、付属物の除去を行います。

検査後

バイタルサインの確認
 合併症の早期発見のために、血圧、心拍数、不整脈の有無、呼吸回数、SpO2、意識レベル、ショック症状、自覚症状の有無を観察します。

圧迫固定部の観察
 止血のための圧迫固定で、末梢循環障害が生じることがあります。動脈拍動の状態、チアノーゼや末梢冷感の有無を確認しましょう。併せて疼痛の有無もチェックします。

穿刺部の観察
 穿刺部に出血や血腫が認められた場合は、速やかに医師へ報告するとともに、マーキングして観察を継続します。

飲水量、尿量の確認
 造影剤を体内から排泄するため、患者さんに水分摂取を促します。水分量の目安は500mLのペットボトル2本分程度です。心不全の合併や心機能低下が認められる場合は、飲水量を医師に確認し、尿量を観察します。造影剤や麻酔薬の影響で嘔気・嘔吐があり、経口での摂取が難しい患者さんでは、点滴で対処することもあります。

合併症の有無の確認
 合併症に注意し、症状がみられた場合は速やかに医師に報告します。

参考文献

●木島幹博,他編:カテーテルスタッフのためのPCI必須知識 これだけおさえてれば大丈夫 第2版.メジカルビュー社,2014.
●黒澤博身 監:全部見える循環器疾患.成美堂出版,2012.
●中山美恵子,他編:バッチリ実施 心臓カテーテル看護.メディカ出版,2008.

ページトップへ