【連載】プレスリリース

新型コロナウイルスの感染拡大による産婦人科の医療崩壊を防止するため妊婦の方へ向けた無料リモート相談をスタート医療系ベンチャーが山梨県大月市と6月9日リモート調印式を実施

提供 PR TIMES

プレスリリース・ニュースリリース配信サービス。[https://prtimes.jp/](https://prtimes.jp/)

〜女性向けオンライン診察アプリ「スマルナ」に連携する助産師・薬剤師などがチャット形式で対応〜

女性向けオンライン診察サービス「スマルナ(※)」を運営するネクストイノベーション(大阪市北区、代表:石井健一)は、6月9日に山梨県大月市と「妊婦向け無料リモート相談試行事業に関する連携協定」を締結いたします。当日はリモート形式で調印式を行います。

緊急事態宣言が全面解除されましたが、第2波が来た場合にも対応できるよう、感染者が増えても医療崩壊が起きない体制づくりを引き続き進めてまいります。新型コロナウイルスの感染拡大による産婦人科の医療崩壊を防止するため、妊婦の方々のコロナウイルスに関する相談を「スマルナ」の連携助産師・薬剤師などがチャット形式で対応。病院に行く前にリモートで相談する窓口を設けることで産婦人科の医療崩壊を防ぎ、女性の心身のケアに努めて参ります。

ネクストイノベーションは今後も地域医療に貢献し、1万人未満の自治体においては、同様のリモート相談を無料で提供いたします。

スマートフォン、PC、タブレットを活用し、チャット形式でリモート相談を行うことができます

■協定締結の目的
新型コロナウイルス感染症に関する不安を抱える妊婦の方々へ向けた窓口の開設による、産婦人科の医療崩壊の防止。第二波を見据えた体制づくりの継続
大月市と弊社は協定を締結し、「スマルナ」の連携助産師・薬剤師などによるリモート相談をオンライン上で対応いたします。
リモート相談窓口を活用することにより、新型コロナウイルス感染症に関する不安を抱えた妊婦の方々が通院する前に相談する場を設けます。それにより新型コロナウイルス感染症に罹患した恐れのある妊婦の方が通院することによる産婦人科の院内感染を防ぎ、病床や医療従事者の不足による医療崩壊の防止に努めます。女性が適切なタイミングで医療の専門家に相談できるよう環境の整備に取り組んで参ります。

■連携概要
名称:妊婦向け無料リモート相談について
試行開始時期:2020年6月9日
概要:主に産婦人科における新型コロナウイルスの飛沫感染拡大防止を目的として、オンラインでコロナウイルスに関する相談をすることができる、妊婦向けのリモート相談システムの試行をスタートする。
利用方法
妊婦向け相談窓口:特設ページの登録フォームから必要事項をご入力いただき、大月市専用の自治体コード設定後に表示される相談窓口より、無料にてご利用いただけます。
連携:山梨県大月市、ネクストイノベーション株式会社(大阪市北区天神橋3-6-5)

■代表取締役CEO 石井健一のコメント
ネクストイノベーションは助産師・薬剤師などと連携したオンライン相談窓口で、毎月1万件以上相談を受けております。こうした知見を活かし、通院が困難な状況下でも妊婦の皆様が正しい医療情報に適切にアクセスでき不安や悩みが軽減されるよう、行政の皆様と連携し地域医療の貢献に努めてまいりたいと思います。

(※)「スマルナ」とは
生理や性の悩みを抱える方と医師をオンライン上で直接つなぎ、ピルをお届けするオンライン診察アプリ。
スマルナ https://app.adjust.com/f3u3j2g

■ネクストイノベーション株式会社 概要

医師や薬剤師など医療にバックグラウンドを持つ人材が集まり、2016年6月に創業。インターネットを用いた遠隔医療サービスの企画及び運営。「世界中の医療空間と体験をRedesign(サイテイギ)する」をミッションに掲げ、ICTの活用により医師、看護師、薬剤師などの医療者と生活者をつなぐことで、診察だけでなく健康管理支援から未病対策など利用者の生活スタイルや健康状態に寄り添うサービス提供を目指す。2018年6月よりフェムテック系オンライン診察サービスプラットフォーム「スマルナ」を立ち上げ。

社名:ネクストイノベーション株式会社 URL:https://nextinnovation-inc.co.jp/
所在地:〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3-6-5
代表取締役社長:石井健一 設立:平成28年6月3日

ページトップへ