お気に入りに登録

アストラゼネカ、進行肝がん患者対象のイミフィンジとトレメリムマブの併用療法試験において有望な臨床活性と忍容性を示す

アストラゼネカ(本社:英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ
[Pascal Soriot])は、2020年5月29日、トレメリムマブをイミフィンジ(一般名:デュルバルマブ)に追加した併用療法を検証する国際共同第Ⅱ相 Study 22試験において、進行肝細胞がん(HCC)患者さんへの有望な臨床活性と忍容性を示したと発表しました。

トレメリムマブは、開発中の新薬であり、細胞傷害性 T-リンパ球抗原4(CTLA-4)の働きを標的とするヒトモノクローナル抗体です。T細胞を活性化させ、がんに対する免疫反応を増強して、がん細胞死を引き起こします。
イミフィリンジは、ヒトPD-L1に結合するヒト モノクローナル抗体で、腫瘍の免疫逃避機構を抑制し抗腫瘍免疫反応を誘発します。

この2つの薬剤の併用試験の結果、安全性評価において確認されたプロファイルは、全ての患者群で許容範囲内でした。
4週間ごとのイミフィンジ投与にプライミング(免疫反応の誘導)に必要な量として、トレメリムマブ300mgを単回追加投与した(T300+D 投与法)患者群では、全生存率(OS:全生存期間。臨床試験や治療の開始日から患者さんが生存した期間のこと)の中央値が18.7カ月でした。
また、イミフィンジ単剤療法、トレメリムマブ単剤療法および2剤を併用した2つの投与法を評価した結果、T300+D投与法患者群のOSが最長でした。

肝がんはがんによる死因の第3位を占め、その5年生存率は約20%です。進行肝細胞がん(HCC)は、全原発性肝がんの約80~90%を占めており、慢性肝疾患の併発も多い病気になっています。肝がんの免疫環境は特異であるため、HCCの治療において免疫系の力を利用する医薬品の研究が求められています。

今回の試験結果から、イミフィンジにトレメリムマブをプライミングとして単回追加投与する併用療法が、進行肝がん患者さんのアウトカムを改善する可能性があることが明らかになり、さらなる試験(第Ⅲ相 HIMALAYA 試験)にも大きな期待が寄せられます。

ページトップへ