お気に入りに登録

【連載】【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け

「レム睡眠」の長さは寿命に影響する?

 ぐっすり眠ることは健康の維持には欠かせないことが知られているが、身体は眠り、脳は起きている状態になる「レム睡眠」が少な過ぎると、寿命が短くなる可能性が米スタンフォード大学のEileen Leary氏らの研究から明らかになった。研究結果の詳細は「JAMA Neurology」7月6日オンライン版に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ