お気に入りに登録

[診療報酬] 生検針でない乳癌診断は病理組織標本作製の算定不可 支払基金

 社会保険診療報酬支払基金は「支払基金における審査の一般的な取扱い(医科)」の第5回として3事例を公表し、乳癌診断で「穿刺又は針生検2その他」(生検針以外)で採取した検体の場合「病理組織標本作製」(860点)の算定は原則として認められないとした。 >> 続きを読む

ページトップへ