[医療提供体制] アビガン、女性への投与後の避妊期間を14日に延長 厚労省

 厚生労働省は17日、医療機関で新型コロナウイルス感染症に対するアビガン(一般名ファビピラビル)を妊娠する可能性のある女性に投与する場合、投与期間中および投与が終了してから14日間は有効な避妊を徹底するよう指導した上で、投与を開始することを求める事務連絡を都道府県などに出した。 >> 続きを読む

ページトップへ