【連載】【HealthDay News】メディカル・ヘルスケア関連のニュースをお届け

睡眠パターンはアルツハイマー病のリスクに影響するか?

 睡眠障害がアルツハイマー病のリスクを高めることはないが、アルツハイマー病リスクの高い遺伝的背景のある人は、特徴的な睡眠パターンが見られる頻度がやや高いことが報告された。詳細は「Neurology」8月19日オンライン版に掲載された。
イメージカット
>> 続きを読む

ページトップへ