お気に入りに登録

【連載】看護師のための経腸栄養講座

第7回 PTEGと手術的空腸瘻造設術

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

【目次】

※「PTEGの適応」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


ポイント

  1. PTEGはX線透視下で超音波ガイド下に頚部食道瘻を簡便に作る手技で、造設された頚部食道瘻から留置カテーテルを挿入し、先端を経食道的に胃、十二指腸もしくは空腸に留置する。栄養補給や消化管ドレナージに使用する。
  2. PTEGは、胃切除後や腹水貯留などでPEGが困難な症例にも経腸栄養カテーテルが留置が可能である。
  3. 手術的空腸瘻の作成法にはStamm式、Wizel式、針付きカテーテル法(Needle Catheter Jejunostomy、NCJ)などがある。
  4. 空腸瘻の管理はPEGの胃瘻の管理と同様、浸出液がなくなれば、入浴、シャワーもOKである。
  5. 空腸瘻のカテーテルは比較的細い(8Frから12Fr)ので、栄養剤が詰まりやすい。半消化態栄養剤、人工濃厚流動食を使用する場合は、4-6時間ごとにフラッシュの必要がある。

PTEG説明図


はじめに

経腸栄養を行うためには、消化管アクセスルートが必要となります。このアクセスルートには経鼻、胃瘻(内視鏡的、手術的)、経胃瘻的空腸瘻、PTEG、手術的空腸瘻などがあげられます。シリーズNo.5ではPEG,No.6では経鼻ルートと経胃瘻的空腸瘻を取り上げました。今回はPTEGと手術的に造設する空腸瘻に関してまとめてみます。

PTEG(Percutaneous Transesophageal Gastrotubing:経皮経食道胃管挿入術)

PTEGの概要

PTEG(ピーテグと呼ぶ)はX線透視下で超音波ガイド下に頚部食道瘻を簡便に作る手技で、日本の消化器外科医である大石英人先生により開発されました1,2)(図1)。
造設された頚部食道瘻から留置カテーテルを挿入し、先端を経食道的に胃、十二指腸もしくは空腸にまで誘導します。
経鼻カテーテルやPEGと同様に、経腸栄養や消化管の減圧に用いられます。胃切除後や腹水貯留などでPEGが困難な症例にも経腸栄養カテーテルが留置できることが最大の特徴です。

PTEGの適応

PTEGを開発した大石によると、「胃管留置を必要とするすべての症例に適応がある」としています。
しかし、一般的にはPEGが施行可能な患者にはPEGが施行され、胃瘻が造設されます。PTEGは多くの場合、PEGが施行できない症例に行われているのが現状です。

>> 続きを読む

ページトップへ