お気に入りに登録

【連載】急変対応マニュアル

心原性ショックとは?症状・看護のポイント

解説 木下 佳子

NTT東日本関東病院副看護部長 急性・重症患者看護専門看護師

Ppetqt59fqsiscs51377645035kyuhentaio manualicon11

急変症状の中でも「ショック」にはさまざまな原因があり、その見極めを覚えておくことは重要です。ここでは見極めのポイントとそのとき看護師は何をすべきかを解説します。


心原性ショックとは?

心臓が障害されたために、収縮や拡張をして血液を送り出しているポンプ機能が低下または不全となり、血液を送り出せないとともに、心臓に戻ってきた血液を受け止められないために生じるショックです。

心原性ショックはその原因により大きく下記3つに分けられます。

(a)心筋性
   * 心筋梗塞
   * 拡張型心筋症

(b)機械性
   * 僧帽弁閉鎖不全症
   * 心室瘤
   * 心房中隔欠損症
   * 大動脈弁狭窄症
   
(c)不整脈

心原性ショックの仕組み説明図

図1 心原性ショックの仕組み

>> 続きを読む