お気に入りに登録

【連載】看護師のための経腸栄養講座

第8回 経腸栄養に必要な器具とその管理 ~ボトル、チューブ、注入ポンプなど~

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

【目次】

※「2、経腸栄養器具の接続部(コネクター)」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


1、経腸栄養療法を行うために必要な器具

経腸栄養を行うために必要となる器具は、

(1)栄養剤を体内に送り込むアクセスルートとしての経腸栄養カテーテル(経鼻栄養カテーテルやPEGの胃瘻カテーテルなど)
(2)経腸栄養剤を入れる容器、コンテナ(ボトル、バッグ、イルリガートルなど)
(3)カテーテルと栄養剤をいれたコンテナをつなぐ接続チューブ
(4)経腸栄養用の注入ポンプ
(5)経腸栄養用のシリンジ

などがあります(図1)。

経腸栄養カテーテルに関してはそれぞれの項目を参照していただきます。

経腸栄養を行うために必要となる器具

2、経腸栄養器具の接続部(コネクター)

経腸栄養用のカテーテルや接続チューブ、シリンジなどの接続部は、静脈ラインとの誤接続防止のために、カテーテルチップ型となっています(図2,4)1)。

>> 続きを読む
ページトップへ