お気に入りに登録

【連載】人工呼吸器の基礎知識

第3回 呼吸管理中に必要な生体情報モニタ パルスオキシメータ

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

44934129e2e13fd8fe737b9519bec5bb1

パルスオキシメータとは

今回は、呼吸管理中に必要な生体情報モニタ、パルスオキシメータについて解説いたします。

Q パルスオキシメータは何をモニタリングしていますか?

A パルスオキシメータは、動脈血酸素飽和度を非侵襲的、連続的、リアルタイムにモニタリングしています。 これにより低酸素血症を早期発見することが可能となり、呼吸管理に欠かせないモニタです。 動脈血酸素飽和度は、パルスオキシメータで測定したものをSpO2、血液ガス分析で測定したものをSaO2と表記します。

Q 動脈血酸素飽和度とは何でしょうか?

A 血液中の酸素は、血讒ウに溶解する溶解酸素と、ヘモグロビン(Hb)と結合している結合酸素の二つのかたちで存在しますが、溶解している酸素はわずか1~2%で、大部分の酸素はHbに結合して組織に運搬されます。 酸素と結合したHbを酸素化Hb、酸素と解離したHbを還元Hbと呼び、動脈血酸素飽和度とは、この酸素化Hbの占める割合を%で表したものです。

酸素飽和度説明図

したがって動脈血酸素飽和度は、運搬されている酸素量を評価する上で非常に重要な指標です。

>> 続きを読む
ページトップへ