お気に入りに登録

【連載】看護師のための輸液講座

第4回 【点滴】輸液ラインの中に気泡を見つけたらどうする?

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

S yu00 min

輸液ラインに気泡が入ったらどうなる?

4月になり、桜の花も散り・・・と思っていたら、あっという間に初夏になっております。 病棟には新人ナースが配属され、なんとなく若返っている?そんな雰囲気になっております。 そう、『若返っている』なんていう表現をすると、先輩ナース達に叱られそうです・・・ごめんなさい。 

さて、今回の話題は、輸液ラインの中の気泡です。 新人ナースが病棟で仕事を始める時、きっと気になる内容だと思いますので、具体的に説明させていただきます。

輸液ライン内に空気が入っているのは、病棟ではごく当たり前のように経験することです。
その空気が体の中に入ると、生命に関わる大問題が起こる、と思っておられる方が多いのではないでしょうか。 もちろん、患者さん達、家族の方々は輸液ラインの中に空気が入っているのを見つけると、大変なことが起こっている、と思うはずです。 そして、『管理が悪い』『ちゃんと見てくれていない』と思うはずです。 さらに、『早く空気を取り除かなければ!大変だ!早く、早く!』とあわてるのではないでしょうか。
そこで、プロのナースとしては、あわてる必要はないのだ、ということを患者さんや家族の方々に説明しなければなりません。 先輩ナースとしては新人ナースに説明しなければなりません。
もちろん、理論的に、です。
このくらいの空気は大丈夫です、といった曖昧な説明では物足りないと思います。 

まずは、血管の中に空気が入るとどうなるのか?という問題です。 静脈内に入った少しの『空気』は、小さな泡に分かれながら心臓に戻り、右心房→右心室→肺動脈と流れます。 最終的には肺毛細血管にたどり着いて肺で吸収されて人体には大きな影響は与えません。
処理できないくらいの『空気』が入ると、空気塞栓という状態になります。空気が心臓の右心系に入り、肺動脈へと流れますが、肺動脈で空気塞栓の状態となり、肺胞毛細血管まで血液が行かなくなります。 その結果、肺胞でのガス交換ができなくなり、最悪の場合は急性循環障害で死亡することもあります。

また、心臓にシャント(右心房と左心房の交通)があれば、脳の血管に空気がひっかかり、脳の空気塞栓、脳梗塞の原因にもなります。 実際に大量の空気が血管内に入れば、生命の危険を伴う重大な問題が生じることは間違いありません。

気泡の量はどれくらいまでは大丈夫?

それでは、血管内に空気がどれくらい入ると、生命にかかわる問題が発生するのか、この点に関する知識が必要です。 実は、明確なデータは存在しません。
何mLの空気が体の中(血管内)に入れば大変なことになるのか?こんな検討は人体実験になりますので、実際に研究することができないからです。
しかし、表に示すような報告はあります。

血管内に注入した空気などの影響に関する報告

非常に古い報告ですが、これらを総合して考えると、10mLくらいが安全限界と考えていいのではないでしょうか。 それでは、輸液ラインの中の空気ですが、量としては何mLになるのでしょうか?

>> 続きを読む