お気に入りに登録

【連載】看護師のための輸液講座

第8回 側注とは?安全な側注方法は?

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

S yu00 min

安全な側注方法は?

輸液管理において、日常、あまり深く考えずに実施されているのが中心静脈ラインでの側注です。一応、CVCラインに三方活栓を組み込んでワンショット静注をすると感染しやすい、ということは頭では理解できているはずなのです。しかし、実際の現場では・・・大丈夫、私の手技で感染させることなんてありえない、と思っている方が大部分なのです。だって、細菌は目に見えませんから。
そこで、安全な側注方法ってあるの?という疑問が出てきます。あるのなら、それをやりたい・・・ですよね。 本題に入って結論を述べる前に、側注は、できるだけ行わないようにするほうがいい、側注を行うことは感染の機会を増やす、ということを、まず、理解していただきたいと思います。もちろん、平成18 年度 厚生労働科学研究費補助金事業で作成された「医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引き」(武澤 純:名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学、ほか)では、表1のように記載されています。

ガイドライン

しかし、本当に申し訳ないのですが、この『手引き』のカテーテル管理部門を担当させていただいたのは私なのですが、正直言いますと、「カテーテル関連血流感染対策ガイドライン第2版」の『輸液ラインを多目的に使用することは避ける』『三方活栓は手術室やICU以外では、輸液ラインに組み込まない方がよい』という表現の方が好きなんです。
とにかく、CVCラインから側注(特に三方活栓を用いて:図1)を行うことは、感染の危険を高める、ということを、まずは理解してください。

三方活栓を用いた側注
図1:三方活栓を用いた側注、特にワンショット静注は、感染を起こす危険性が高いと認識することが重要。

>> 続きを読む