お気に入りに登録

【連載】看護師のための輸液講座

第11回 ヘパリンロックと生食ロックについて

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

S yu00 min

日常の輸液管理において、やはり、へパリンロックについての知識は必要です。というか、問題となっているのは、へパリンロックをしなくても生食でロックしておけばいいのではないか、ということですね。ナースの方々もこの問題については興味があると思います。今回は、へパリンロックか、生食でのロックでいいのではないか、という点について解説したいと思います。

なぜ、生食ロックが話題になったのか?

もともとは、カテーテルをロックする場合にはヘパリン加生理食塩水(へパリン生食)が普通に使われていたのです。それでは、なぜ、生理食塩水でのロック、いわゆる生食ロックが話題になったのでしょうか?
まずは、費用の問題です。もちろん、生食の方が安いことは言うまでもありません。
次は、へパリンはさまざまな薬剤との配合禁忌があるため、薬剤を投与する際には手間がかかる、という考え方です。すなわち、へパリンと配合禁忌のある薬剤を投与する場合、まずは生食でルートをフラッシュし、薬剤を投与し、その後、もう一度生食でフラッシュをしてからへパリンロックをする必要がある、ということです。

薬剤の写真

この方法は、SASH(saline-administration-saline-heparin)と呼ばれています。要するに、へパリンロックは時間と費用の浪費である、という考え方が出てきたのです。
また、 へパリンは凝固系を変化させる可能性があるため、出血の危険性を高める可能性もある、ということ、へパリン起因性血小板減少症(heparin-induced thrombocytopenia:HIT)を引き起こす可能性がある、ということです。この問題に対し、へパリン生食の代わりとして生食でもいいのではないか、ということで検討が行われたのです。

薬剤の写真②

薬剤の写真③

薬剤の写真④

へパリンロックか生食ロックか

1996年のCDCガイドラインで『生理食塩液は、末梢カテーテルを開存させ、静脈炎を減少させるのにヘパリンと同様の効果がある』という条項が記載され、日本でも生食ロックでいいのではないか、という傾向が出現しました。

>> 続きを読む

ページトップへ