【連載】看護師のための輸液講座

第21回 上腕ポートについて

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

Yu00

ポート(図1)。既に説明しましたね。使用方法、合併症、利点や欠点、などについてはもう理解していただいていると思います。 さて、ポートを使う目的は何だったでしょうか?具体的なことは別にして、とにかく、ポートを使わない期間には投与ラインから解放され、さらにポート自体が皮下に埋め込まれているため体外部分がない、だから安心してシャワーを浴びたり入浴したりすることができる、でしたね。QOLの維持・向上が主な目的でもあります。
主としてポートが埋め込まれているのは、前胸部です。ここに、いわゆる傷をつけ、胸に硬い器具を埋め込む、この手技自体がQOLを低下させているのではないか、ということも考える必要があります。それを考えて考案したポートが、今回のテーマである「上腕ポート」です。私は「もう1ランク上のQOL」と表現しています。

上腕ポートとは

通常、ポートは前胸部に留置されます。鎖骨下穿刺や橈側皮静脈あるいは外頚静脈切開によりカテーテルを挿入して先端を上大静脈に留置し、ポートは皮下トンネルを作成して前胸部に埋め込みます。ポートを前胸部のどこに埋め込むか?それは、誰がポートに針刺しを行うかによって決めます。医療従事者や家族が針を刺す場合は、鎖骨の下の、比較的カテーテル挿入部に近い部位になります。自分で針を刺す場合は、座った状態で自分の目で見て操作が可能な部位、乳輪の内下方、ということになります。

そうなのです。これが標準的方法です。何が問題なのだ?・・・。私は「もう1ランク上のQOL」を考えて、ポートを上腕の外側に埋め込む方法を考案して実施しています。Upper arm port、上腕ポートと命名しています。

上腕ポートを考案した経緯

私自身、1987年頃からポートを用いた在宅静脈栄養法:home parenteral nutrition(HPN)を管理してきました。おそらく、静脈栄養法にポートを用いた結果をまとめて論文にしたのは、日本では私が最初でしょう(井上善文、根津理一郎、宮田正彦、秦 信輔、松尾吉庸、高木洋治、岡田 正、川島康生:完全皮下埋め込み式カテ竏茶eルを用いた在宅静脈栄養法.外科治療 1988;59(1):102-107)。化学療法などに用いた論文はすでに発表されていました。ちなにに、日本で最初にポートをHPNに用いたのは、当時、帝京大学救急部におられた長谷部正晴先生です。外傷で短腸症候群となった男性に、海外から自己輸入したポートを埋め込んでHPNを実施した症例を昭和61年の日本静脈経腸栄養研究会で発表しておられます。患者さんがプールで泳いでいる写真を提示され、非常に印象的だったのを記憶しています。

この時に『QOL』がポートの最も大きなメリットであるということを教えられました。