お気に入りに登録

【連載】看護師のための輸液講座

第22回 CRBSI予防対策は当然のこととして実施されていなければならない!

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

CRBSIとは、Catheter-related bloodstream infectionの略語で、血管内留置カテーテル関連血流感染症と日本語では表現されています。かつてはCRS:catheter related sepsis、カテーテル敗血症という簡単な用語が使われていたのですが、かなり複雑になりました。さらに、中心静脈カテーテル(central venous catheter:CVC)に関係した感染症という意味で、central line associated bloodstream infection:CLA-BSIという用語も使われるようになっています。

しかし、CLA-BSIの定義では中心静脈カテーテルが挿入されている症例で発生した血流感染をかなり広い範囲で拾い上げることになります。私としては、本来の中心静脈カテーテルそのものに感染して発生した感染症という意味でCRBSIという用語を使っていたいのです。しかし、日本はアメリカの流れに流されやすいので、私の主張は徐々にマイナーな立場になっていくような気もします。

>> 続きを読む
ページトップへ