お気に入りに登録

【連載】看護師のための輸液講座

第23回 本物のNSTとは

監修 日本コヴィディエン株式会社

シングルユース医療機器の製造及び販売、並びにこれらに関連する一切の事業

執筆 井上善文

医療法人川崎病院 外科 統括部長

S yu00 min

【目次】

※「現在のNST活動は?」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


NST(栄養サポートチーム・栄養管理チーム)とは

NSTとは、Nutrition support teamの略語です。日本語では栄養サポートチーム、栄養管理チームと表現されています。この連載を読んでおられる方は、NSTとはなんぞや、という質問には容易に答えることができるようになっていると思います。

確かにNST活動をしている施設の数はかなり増え、現在のところ、日本静脈経腸栄養学会のNST稼働認定施設数は1500を超えています(図1)。しかし、認定されてはいても、きちんとした活動ができているのでしょうか。ここで、NSTとは、という原点に返って考えてみたいと思います。

(図1)日本静脈経腸栄養学会のNST稼働認定施設数

日本静脈経腸栄養学会のNST稼働認定施設数

もともと、NSTは安全にTPNを実施するために設立された

『NSTの対象症例は?』NST活動をされている多くの方は、この質問に対して『高齢者、脳梗塞後遺症患者、摂食嚥下障害患者、褥瘡患者、とにかくPEGの患者』と答えるのではないでしょうか。とにかく経腸栄養を行っている患者さん、と答えるのでしょう。もちろん、これらの患者さん達がNSTの対象症例であることに間違いはありません。

それでは静脈栄養を行ってい患者さん達は?ということになりますが・・・。静脈栄養を行っている患者さんはNSTの対象症例ではないのでしょうか。『静脈栄養実施症例を減らすのがNSTの目的なのです。とにかくTPN症例を減らすためにNST活動をしているのです。』と答える方が多いのでしょうか。しかし、静脈栄養がきちんと管理できなくて、本当のNST活動ができるでしょうか・・・できないはずです。

現在活動しているNSTの多くは、静脈栄養に対する考え方が間違っているのではないかと思います。中心静脈栄養(TPN)は実施してはいけない、と思い込んでいるのではないでしょうか。あるNST研究会での発表で驚いたことがあります。

『PEGからの経腸栄養で誤嚥性肺炎を起こした症例に対して、やむをえずTPNを施行することになった。そこでNST症例から除外した。』という発表がありました。これは、大きな間違いを犯しているのですが、それにも気づいていないからこういう発表になったのでしょうね。

NST活動は、もともとは1968年にStanley J.Dudrick(図2)が発表した、現在行われている形でのTPNを安全に実施するために始まったのです。

Stanley J.Dudrick

(図2)Stanley J.Dudrick。1968年にほぼ現在の形でのTPNを施行し、ビーグル犬で食餌摂取した場合と同様に発育・成長したことを示した。この犬の写真は『超有名』である。(Dudrick SJ, et al: Long term total parenteral nutrition with growth, development, and positive nitrogen balance. Surgery 1968;64:134-142)

アメリカでは、1970年代の初め、画期的な治療法として普及したTPNが、安易に実施されることになってしまって、管理体制が不十分であったためにカテーテル感染(CRBSI)が頻発し、TPNという治療法自体、実施すべきではない、という意見すら出る、という状況になっていました。

>> 続きを読む