お気に入りに登録

【連載】スーパープリセプターSAKURA

第8回 みね子、病棟のオキテを学ぶの巻

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

2013 ns logo tate format rgb     03 min

Wqle9zpfdbzltycf1360745510icon sakura


どの病棟に配属になるのかの発表が近づくにつれて、緊張感が増すみね子。診療科ごとの決まりごと、その病棟でのルールなどがあると聞いて、不安な日々を過ごしていた。


桜先輩

なーに? 浮かない顔して。もう少しで病棟デビューでしょ? 研修で失敗でもしたの?

みね子

してませんよ。失敗なんて。そうじゃなくて、どこの病棟に配属されるのか、考えてたんですよ。

桜先輩

ふーん。

みね子

診療科ごとで決まりごととか、病棟のルールとかあるっていうじゃないですか。先輩のいる病棟はどんな感じですか?

桜先輩

あぁ、なるほどね!

みね子

(かみ合ってない……。自分から話しかけておいて聞いてないし)

桜先輩

決まりごとを覚えたりとか、大変なルールがあったらどうしようって心配してるのね! それなら、私の秘蔵データの中の「病棟のオキテ」を見せてあげるわ!

みね子

ありがとうございます(なんでも持ってるな……)。

桜先輩

まずは、新人看護師の心構え的なものから紹介するわ。

みね子

お願いします!


新人はとにかくめげないこと

  1. 看護業界は相当古い考えの持ち主も多く、昔ながらの閉鎖空間であることを念頭に入れておかれたほうがいいです。一般企業とは全く違います。社会人経験のない方は特に、ここのやり方が社会通念上当たり前だと思わないほうがいいです。人間関係でメンタルやられて新人3人全員辞めました。先輩にきつく言われてもめげない精神力を持つこと!(meguru)
  2. 笑顔で大きな声で挨拶、素直に話をきく、何か言われた時はありがとうございます、これができてればまずどこでも嫌がられることはないと思います。(匿名希望)
  3. 先輩ナースの言うことは人によって違う。(匿名希望)
  4. 患者がどなっても驚くな(匿名希望)
  5. どんな時でもメモをとる!! これ常識。殴り書きでもイイからメモる。そして家でまとめ直す。「ほうれんそう」報告、連絡、相談!これも常識。あとは早食い(笑)常識というかマストかな。(こうめ)

みね子

いろいろありますね。特に「先輩ナースの言うことは人によって違う」というのはどうしたら……。

桜先輩

これはよく聞くわね。ま、そういうものだと思っていれば、違うことを言われたときにパニックにならないんじゃない?

みね子

それはそうかもしれませんが……。

桜先輩

さぁ、次に行くわよ。次は、ケアをするときの心構え的なものね。

(次ページでは、病棟でケアをするときの心構えについて紹介します)