お気に入りに登録

【連載】なぜ? どうして? 22問でわかる 最新 感染対策

第12回【血液・体液曝露防止編】患者さんの血液や体液が曝露してしまったら?

監修 藤田昌久

日本医科大学付属病院 医療安全管理部 感染制御室 看護師長 感染管理認定看護師

執筆 藤田昌久

日本医科大学付属病院 医療安全管理部 感染制御室 看護師長 感染管理認定看護師

細心の注意を払うためにも、患者さんの血液や体液の曝露にどのくらいの感染リスクがあるのかを知っておきましょう。また万が一、曝露したときにあわてないように、その対応を覚えておくことも重要です。


Q 患者さんの血液・体液が曝露したとき感染リスクが最も高いものはどれですか?

(1)粘膜曝露
(2)経皮的曝露(刺創、切創)
(3)咬傷
(4)傷害・傷のある皮膚への曝露

>> 続きを読む

ページトップへ