お気に入りに登録

知らなきゃ損する?看護師の「年収の壁」

Px8xzcrgtzpb3nsz1321941048yuzu8

子育てがひと段落した方や、ブランク明けの方でも働きやすいのが、非常勤という勤務形態です。非常勤で働く人が気をつけるべきとよく言われるのが、「103万円の壁」と「130万円の壁」。

ただ、それ以上稼いだ場合でも、家計へのダメージは意外と少なかったり、長い目で見るとむしろメリットがあったり・・・。キーワードは「配偶者特別控除」と「社会保険への加入」。壁を超えると本当に損なの?という疑問を解消します。


103万円の壁は意識しすぎなくてOK

そもそも、103万円の壁とは?

所得税の算出方法は、(所得金額-所得控除)×税率。つまり「所得控除」が多いほど、所得税が安くなります。

所得控除には、

  1. 収入がある全ての人に適用される基礎控除(38万円)
  2. 会社員の所得税や住民税の計算にあたり、給与収入から差し引くことができる給与所得控除(65万円) などがあります

などがあります。

年収103万円であれば、給与所得控除65万円+基礎控除38万円が引かれて収入ゼロと見なされるというわけです。そして配偶者の所得がない場合に適用されるのが、配偶者控除(38万円)。妻の年収が103万円以下なら、この38万円が夫の収入から控除されますが、103万円を超えると収入がゼロと見なされず、配偶者控除が受けられません。これが年収103万円の壁の正体です。

103万円の壁を意識しなくて良い理由

しかし配偶者控除が受けられなくても、年収140万円までなら配偶者特別控除(3~38万円)が受けられます。ちなみに年収104万円なら、控除額は38万円。配偶者控除と同額です。

>> 続きを読む
ページトップへ