お気に入りに登録

【連載】海外留学のススメ

第10回 海外の大学で大学卒業資格を最短6ヶ月で取得する!

Wa0

新年明けましておめでとうございます。
新たな年がスタートし、今年1年の目標を立てられた方も多いのではないでしょうか。お問合せの際、「今年こそは海外留学に!」と思うものの、どんなことができるのか、何を目標にしたらいいのかというご質問をよく頂きます。お金と時間、働き慣れた職場環境や人間関係を、いったんリセットして飛び出すからには何かを得て帰ってきたい。そんなナースにオススメの看護留学プランをご紹介します。

オーストラリアの新年の様子

オーストラリアの大学で看護学士(大学卒業資格)取得を目指す2つの道

オーストラリアの大学では、日本の大学、短期大学もしくは専門学校の看護課程を卒業し、正看護師の資格を持つ方に、看護学士コースへの編入学の道を開いています。
1つ目は、最短1学期(18週間)で修了できるコースで、短期間で学士を取得したい方に最適です。
2つ目は、オーストラリア看護助産協会が認める2年間の看護学士コースで、こちらは学士取得後、オーストラリアで正看護師として働きたいという方にお勧めです。
双方、帰国後は履歴書に大学名と学士取得の旨、記載することが可能となります。また大学卒業となるため大学院の修士課程に進むことも可能です。
※大学院によっては日本の大学卒業資格を求める学校もございますので、個別にご確認下さい。
当然、表面的なキャリアだけではなく、海外の大学で看護学士を取得するメリットは他にも沢山あります。

オーストラリアの大学で看護学士を取得する3つのメリット

  1. 大学卒業という明確な目標を持つことで英語力を伸ばすことができる。
  2. 海外の看護学学習を通じて、国際感覚を身につけることができる。
  3. 学士を取得することにより自らの自信と将来のキャリアにつながる。

次のページからは3つのメリットについてそれぞれ説明させていただきます。

看護留学パンフレット取寄せ