【連載】訪問看護がよくわかる!

第2回 訪問看護の流れとは

訪問看護の対象者

疾患名、病態、年齢、性別、国籍などは問いませんただし、常時モニター管理が必要な方は対象外となっています。即時の判断や対応などICUやCCUレベルの入院環境が必要な方以外は、本人ならびに家族の思いがあれば、在宅で引き続き療養生活を過ごすことが可能です。

年齢や健康・医療のレベルを問わずに、療養上必要なケアや医療的処置・情報の提供や指導などを行います。病院と違って、生活の面から捉えたその人に必要な医療やケアを行います。この訪問看護サービスを提供しているのは、看護師もしくは保健師等です。

訪問看護の提供するサービス内容

訪問看護では、主に以下のようなサービスを提供します。

  1. 病状の観察を行い、悪化予防への対処や工夫、医師への情報提供、ご本人やご家族への説明や指導
  2. 療養上必要な医療的処置実施や医療機器管理の指導。例えば、以下のようなもの 1)IV療法(高カロリー輸液、補液) 2)経管栄養 3)人工肛門 4)カテーテル(各種)挿入患者の看護 5)創傷ケア 6)酸素療法 7)人工呼吸器管理
  3. 終末期にある方への援助や看取りについて説明や指導
  4. 認知症などの相談や対応
  5. 拘縮予防や機能の回復、嚥下機能訓練等の在宅でのリハビリテーション
  6. 療養上の諸問題の対応や相談
  7. 福祉用具や社会資源などの情報の提供や用具の選定
  8. 低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス
  9. 主治医をはじめとする関係機関との連携や調整

訪問看護開始までの流れイメージ

~その1~
在院日数を考えたとき、そろそろ次の療養先を見つける時期(退院に向けてのムンテラの時期)
     ↓
本人は自宅に戻りたい/家族も何かサポート体制があれば考えてもよいと思っている
     ↓
転院以外の選択肢として、訪問看護を利用しながら1ヶ月に1回の通院でフォローしていく。もしくは通院が困難な場合は在宅医につないでいく

~その2~
継続させたい指示内容や留意事項が多くある
     ↓
1.退院前にカンファレンスを開催し周知徹底を図っていく。
(参加は本人や家族・医師・病棟ナース・訪問ナース・ケアマネジャーなど
2. 通常の訪問看護指示書以外に特別訪問看護指示書を作成していただき、1日3回訪問ナースが訪問する形態を選択(14日間)

訪問看護の1日の仕事の流れイメージ

訪問看護師の標準的な1日の仕事の流れは、おおよそどの訪問看護ステーションでも同じようです。
出社
→ 簡単なミーティング及びステーション内掃除 
→ 患者の看護記録確認 
→ 必要物品の準備 
→ 訪問看護(2件程度、1件当たり概ね1時間) 
→ 帰社 
→ 昼食 
→ 訪問看護(3件程度、1件当たり概ね1時間)
→ 帰社
→ 看護記録の記入
→ 管理者へ報告

患者宅への訪問交通手段は、都内においては自転車やバイクを使用する場合が多いですが、地域によっては車・電車・バスなどの公共交通手段を使うこともよくあります。標準的な訪問件数としては、1日に5件程度です。

訪問バックに入っている持ち物は??

必ず持っていく物品

  1. 血圧計
  2. 体温計
  3. 聴診器
  4. マスク
  5. 手指消毒用アルコール
  6. 使い捨て手袋
  7. 爪きり
  8. タオル
  9. 筆記具
  10. バインダー
  11. メモ用紙など

持っていくと便利な物品

  1. パルスオキシメーター
  2. 潤滑剤
  3. 巻尺
  4. デジタルカメラ
  5. ペンライト

その他、万一の際に備えお金は持参する。また、歯ブラシセット・飲料水などを携帯すると便利です。尚、自転車やバイクで訪問しているステーションでは雨降りの対策が必須となります。

次回以降は徐々に具体的な訪問看護のノウハウについてご紹介していきます。ご期待下さい。

ページトップへ