お気に入りに登録

【連載】ナースのための認知症ケア

第5回 認知症とは違う心の病

監修 三宅貴夫

社団法人 認知症の人と家族の会 顧問 京都保健会盛林診療所 所長

C7609fcde2b3105292437754b5598aea4

うつ状態

今回は認知症とは違う区別すべき心の病気、精神疾患ついて述べて、認知症の理解をより深めたいと思います。うつ状態になると関心が乏しく注意が向かないため、聞いたこと見たことをよく覚えてなく、もの忘れが目立つことがあります。しかしよく聞いてみると自分の年齢や日付など基本的でことは正しく覚えています。うつ状態では、言動が緩慢になり、食欲が低下し、身体の不調を訴えることが多くなります。

高齢者のうつ状態は、本人の病気や障害、子供との離別、配偶者の死別などをきっかけに起こることが多く、精神療法的なアプローチと抗うつ剤の服用で多くは治る精神障害です。注意したおきたいことは、うつ状態の人に安易に激励しないことです。

>> 続きを読む
ページトップへ