お気に入りに登録

【連載】NPPVのキホンとトラブル回避術

NPPVとは?目的と適応、導入/中止基準

解説 石原英樹

大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 呼吸器内科 主任部長

ここ数年で急速に普及したNPPV(非侵襲的陽圧換気)は、人工呼吸療法を必要とする多くの患者さんに適応になるものです。その実施にあたっては、目的やメリット・デメリット・効果を十分に理解し、適応と禁忌を見極めることが大切です。


【目次】

NPPVとは?メリットと目的

NPPV(non-invasive positive pressureventilation:非侵襲的陽圧換気)は、気管内挿管や気管切開をすることなしに、鼻マスクや顔マスクを用いて陽圧で肺胞換気を促す非侵襲的な人工呼吸療法として、1990年頃から導入されはじめました。

NPPVはIPPVに比べて、

  1. 患者さんに対する侵襲度が低い
  2. 容易かつ簡便に導入できる
  3. 早期に人工呼吸を開始できる
  4. 肺の圧損傷や人工呼吸器関連肺炎(VAP:ventilatorassociate dpneumonia)といった合併症が少ない

などのメリット(表1)があると考えられ、現在では、ICUなどの急性期から一般病棟の慢性期、そして在宅まで、多岐にわたる疾患の呼吸管理に使用されています。

プレッシャーサポート効果があることなどから、急性期では比較的軽症のうちにアシドーシスを改善することを、また、慢性期でも1日のうち部分的に換気の補助をすることで、日中覚醒時を含めた終日の呼吸不全症状を改善することを目的に実施されています。

NPPVとIPPVの相違点

(表1)NPPVとIPPVの相違点

NPPVのデメリット

NPPVには、デメリット(表1)もあります。
例えば、
>> 続きを読む

ページトップへ