お気に入りに登録

【連載】吸引困難5大ケースを攻略する!

第2回 「吸引はしなくて大丈夫」と言う患者さんへの対応

解説 小林恵子

神奈川県循環器呼吸器病センター ICU病棟 集中ケア認定看護師

解説 石山 都

神奈川県循環器呼吸器病センター ICU病棟 集中ケア認定看護師

Lxfnrjm8r24tzxtt1389167589kokyuukonnnann2

看護師が吸引で困難を感じたことがある上位5つのケースについて、具体的な解決法を紹介します。どこに問題があるのか、あなたの体験した吸引の「困難ケース」について、じっくり再考してみませんか?


攻略法1 吸引の必要性を確認してみよう

看護師から見ると痰が溜まっていて苦しそうでも、患者さん自身は「吸引はしなくて大丈夫」と言うケースは確かにあります。特に高齢の患者さんの場合は、痰が溜まりやすいという自覚がない人もいて、例えば、実際は飲み込んでしまっていながら、「大丈夫」と考える人も多いようです。

そもそも吸引は侵襲性の高い処置ですし、患者さんが自力で排痰できるのであれば、吸引しないに越したことはありません。そうとすれば、その吸引は、本当に必要なのでしょうか? その都度、看護計画に沿ってアセスメントを行い、吸引を実施しているでしょうか?

本来ならば、ラウンドごとに痰の貯留を確認し、排痰ケアの要不要を判断するべきです。その点が行き届いていないために、看護師の側に、「吸引しなくて、大丈夫だろうか?」という疑問が出ているように思います。

吸引が必要かどうかアセスメントする

まず、本当に吸引が必要かどうかをアセスメントしましょう。吸引が必要となる条件は、

>> 続きを読む
ページトップへ